石クリってこんな会社です♪


『クリーニング師』 資格試験
こんにちわ 石田クリーニング松山工場 清本です



クリーニング屋さんって 商売をするのに資格が必要なんですよ。
その資格は『クリーニング師』という立派な国家資格なんです。
もちろん 私も持っていますよ。


現在松山工場には、私を含めて6名のクリーニング師が従事しています。
本来なら工場には 最低1名在籍していればいいのですが・・・
それが、松山工場には6名もいます。

どうして、そんなにたくさんのクリーニング師を置いているのでしょう?
それは石田クリーニングがそれだけ 品質を重視しているからなんですよ。




今度 クリーニング師の資格試験が9月にあります。

松山工場のスタッフの何名かが それに向けて猛勉強をしています。
西田次長が 指導してくれています。 鬼教官だ!というウワサも・・・
鬼教官 ①



試験には、
学科試験(法律、繊維の知識・鑑別、洗濯方法などなど・・) と
実地(ワイシャツのアイロンがけ)があります。

実地試験は・・・
制限時間 10分の間に 綿100%のワイシャツのアイロンがけをして
たたむ ところまでです。

現在のクリーニング工場では 産業機械が発達しているので、
仕上がるスピードが違います。

松山工場の場合だと 同じ10分でも 10倍以上は仕上がります。
クリーニング料金が安いのは 産業機械の発達のおかげなんですよ。


でも、試験に産業機械を使うわけにはいけません。
オール手仕上げ ができないとダメです。

また、実地試験には 現在のクリーニング店では 滅多に使うことのない
レトロな電気アイロンを使うんですよ。

何十年も同じ 試験です。

このアイロンは クリーニング師試験の 練習専用です。
鬼教官 ②

私も10年前、このアイロンのお世話になりました。懐かしいなぁ~



スタッフ達は、実地は普段の仕事で慣れているのですが、
学科が問題のようです。(笑)

毎晩 家で教科書を開いて学科を勉強しているそうです。


あるスタッフは
『クリーニング師の勉強のために テレビドラマが見られない!』
と嘆いていました。(笑)

仕事をして 家事を済ませ ドラマを見ながら ほっと一息・・・
・・・じゃなくて 受験勉強!  


大変だけど がんばれ!

さあ! 試験まで あと少し!
 
みんな がんばれ!

全員受かったら 盛大に祝勝会をしよう♪


わたしも 応援しているから・・・  

            ・・・ さて、今晩のドラマなんだっけ?(笑)


つづく・・・


クリーニング師資格試験日の巻☆