ホーム>しみぬき>シルクのジャンバーに付着した飴のしみぬき

シルクのジャンパーに付いた飴のしみ抜き
こんにちわ 石田クリーニング松山工場の清本です。


クリーニング店では受付時、必ず検品作業をしております。

これは、キズ・変色・ボタン取れ・シミなど、そのまま洗濯すると 
後でトラブルになる可能性のある事柄を、了解していただくた為と、

ポケットの中などに お忘れ物(現金・免許書・・・)が残ってないか
確かめる為です。


今日の染み抜きは、この点検(ポケットの中身のチェック)がキチンと
出来ていなかったために 出来てしまった 飴の染み抜きです。

シルクのコートのポッケッとに飴が入ったまま 洗濯・乾燥をして
飴が乾燥の熱で 表面にまで溶け出してきてしまったものです。
(あちゃ〜 汗)
シルクジャンバーに飴のシミ @


お客さん スミマセン。完全な 当店のミスです。
かなり 広い範囲に付着しています。
シルクジャンバーに飴のシミ A

まずは、染み抜き台の上で飴を除去します。
シルクジャンバーに飴のシミ B


ウエットクリーニングで繊維の奥に残っている飴をゆすぎ出します。
シルクジャンバーに飴のシミ C


キレイに落ちました。
ウエットクリーニングの仕上げ剤により 
シルクの風合いがより一層滑らかになりました。
シルクジャンバーに飴のシミ D


出来上がりです。
結果的に すっきり汗抜きウエットクリーニングも出来ました。
シルクジャンバーに飴のシミ E


今回のように、ポケットの中に物が入ったまま クリーニングをしてしまう
と、思わぬことが起こる可能性があるんですよ。

最悪なのは、ライターなどの発火物です。
石油系ドライクリーニングは、可燃性の液体で洗濯をするので
爆発の危険性も有るんですよ。

あらためて、キッチリと点検をしないといけないと 思った染み抜きでした



←戻る