ホーム>しみぬき>アクセサリーの金属サビのしみぬき

アクセサリーの金属サビのしみぬき
 
こんにちわ、石田クリーニング松山工場の清本です。

今日のしみぬきは 金属のアクセサリーから出た サビのしみぬきです。


綿のTシャツに 茶色のシミが付いていますよね?

これは、シミの形を見ても分かるように
真鍮? の金具が錆びて付いたシミだと推測できます。

衣類には意外と金属が使われています。
ボタン・ホック・ファスナー・アクセサリー・・ などなど

それが、時間の経過によって錆びる事がよくあるんです。

サビが付くのはまだ いいほうで、ひどい場合は変色の原因になります。
金属が当たる部分だけ、色が変わってしまっている商品って
結構あるんですよ。


この商品には、シワ加工のワンポイントが付いています。
シワ加工を落とさないように 注意しないといけません。
しかも、全体的に黄ばんでいますので大変です。
アクセサリー金属のサビ @


金属のシミ部分です。
通常 このような色合いのしみの場合、酸化漂白をしたくなるのですが、
金属のサビが漂白剤の触媒の作用をして、
まれに、化学反応が一気に進む場合がります。

化学反応が加速して、チェルノブイリのように
制御不能の状態になってしまうんですよ。

あっ!って思ったときは、もう遅い。
生地が燃えてしまうまで(炎は出ませんが、焦げて穴が空く)
化学反応が止まらなくなるんですよ。

また、漂白剤によって金属も一気にサビ(酸化)がすすんでしまいます。
アクセサリー金属のサビ A

恥ずかしながら、私は何度もこの失敗をした経験があります。
めんどくさい! って思ってテストをしなかったばかりに・・・

これがホントの 『身から出たサビ』??


ですから今回は、金具を取り外してから 慎重に処理する事にしました。
アクセサリー金属のサビ B


サビを除去してから、復元加工をして全体の黄ばみを落としました。
ハイ! 出来上がり!
アクセサリー金属のサビ C


もちろん シワ加工も大丈夫ですよ。
アクセサリー金属のサビ D

ほとんどの場合 実は、しみぬきって化学反応の応用なんです。
ですから、しみぬきを追求していくと、
どうしても化学の知識が必要になってきます。

こんな事なら、学生時代にマジメに勉強してたらよかった!
って思うクリーニング屋さんの なんと多いことか・・・(笑)

もちろん 私もその一人です。(爆)





←戻る