ホーム>しみぬき>赤ワインのしみぬき

パーマ液による脱色の修正
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 染み抜き鉄人の清本です。


パーマ液が衣類に付着すると 脱色の原因になるってご存知ですか?

以前もこのブログで投稿したと思いますが、
パーマ液は漂白剤の働きをするんです。

そんなに漂白力は強くないのですが、長い時間が経過したり、
クリーニングの際の熱によって スコーンと色が落ちてしまうって
事がよく有ります。

パーマに行く時の洋服選びは 要注意なんですよ。


さて、今日のしみぬきです。
綿のジャケットの肩部分が 赤っぽく変色していますね?

これは、パーマ液による脱色です。
パーマに着て行って、しばらく置いておいたら 色がはげてしまった
そうです。

この場合、色修正(落ちてしまった色を 染色する)という処理をする
必要があります。
パーマ液による脱色 @


まず、漂白という処理をして 赤みを取り除きます。
パーマ液による脱色 A

次に地色を修正していきます。
生地が平らではなく、畝があるので底の部分から始めます。
パーマ液による脱色 B

最後に、山部分を修正しました。

ハイ!出来上がり!
ほとんど分からないくらいに 修正できましたよ。
パーマ液による脱色 C


パーマ液のほかにも、バッテリー液、台所用洗剤、など衣類に付着すると
脱色の原因になってしまうものは たくさんあるんですよ。

取り扱いに注意しましょう!


←戻る