ホーム>しみぬき>革ジャンのカビのしみぬき

革ジャンのカビの染み抜き
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。


沖縄は梅雨入りしたそうですね。

梅雨といえば・・・
カビが生えやすい季節です。

カビは、条件さえそろえば、どこにでも・なんにでも生えちゃいます。
もちろん衣類にも・・・

その条件と言うのは 温度・湿度・栄養(汚れなど)です。

衣類に生えるカビにもいろんな種類があります。
洗濯しただけで簡単に落ちるカビもあれば・・・
落すのが す〜ごく大変なカビも・・・

やっぱり 予防が一番ですよね。


温度はなかなか自由に出来ませんから、
湿度・栄養(汚れ)をシッカリと管理するのがいいと思いますよ。

@ 衣類をしまうときはクリーニングをして 栄養(汚れ)をキチンと落す。
A ナイロン包装をキチンと外して 出来れば一昼夜陰干ししてから
  タンスにしまう。
  除湿剤を入れると なお効果的です。

  クローゼットに専用エアコンをつけて 
  管理する事が出来ればいいのですが なかなかそこまでは ねえ?(笑)


さて、今日のしみぬきはそんなカビのしみぬきです。

革ジャンをしまっておいたら・・・
こんなになっちゃたそうです。
革ジャンのカビ A


革ジャンのカビ B

革ジャンのカビ C


革ジャンのカビ D

表側も・裏側も、全体にカビが生えちゃっています。

さて、どうしましょうか・・・

とりあえず、染み抜き台の上で カビが落ちるかどうかテストをします。

お客さんラッキーですよ。
テストの結果 このカビは、簡単におちるようです。
革ジャンのカビ E

全体にカビがあるので、
ウエットクリーニング(やさしくお水で洗う)をすることにしました。

皮だって、注意して洗濯すれば お水で洗えるんですよ。



そういえば 昔 こんな面白い事がありました。

昔、ある 北陸のクリーニングの先生に言われた言葉で・・・

『ウールだって、カシミアだって、皮だって、もともとは動物の
 体の一部なんだ。』
『動物が雨にぬれて 縮んでしまうか? そんな事ないだろう?』
『だ・か・ら クリーニングでも 水で洗えない訳はないんだ!』
『細かい事は気にせず、バンバン行けっ!』

(先生・・・ それは動物が 生きているからですよ・・・)

って 突込みが頭によぎったのですが・・・
言えなかったんです(笑)

先生の論理が正解かどうかは別として、
実際 洗剤やその他 いろいろ注意をすれば、
お水でも洗濯をすることは可能なんですよ。

洗濯をしているところです。
タオルを使って カビをこすり落します。
革ジャンのカビ F

こんな感じで キレイになりましたよ。
もちろん縮みもなく大丈夫です。
革ジャンのカビ F


完全にカビは除去できました。
ニオイも キレイに取れて、さっぱりしました。
革ジャンのカビ E


これから、カビが発生しやすくなるシーズンです。

予防が一番ですが、もし、カビが発生しても あきらめないで
当店にご相談くださいね。
革ジャンのカビ G



←戻る