ホーム>しみぬき>クッションカバーについた鉛筆のしみぬき

クッションカバーについた鉛筆のしみ抜き
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。


今日、松山では 久しぶりに雨が降っています。
と言っても ほんのお湿り程度の雨なんですが・・・


このままでは 水不足が心配です。
豪雨で被害が出てる地域もあるのに・・・

お天気は思うようになりませんね。

北京オリンピックでは雨雲にミサイルを撃ち込んでいましたが・・・
もしかしたら 
お天気も自由にコントロールできる時代が来るのでしょうか?



さて、今日のしみ抜きは 鉛筆のしみぬきです。
お天気には全く関係ありません。

子供さんが、クッションカバーに 鉛筆で落書きをしてしまったそうです。
鉛筆のシミ @

表も裏も しっかり書き込んでいます。
勉強熱心ですねぇ〜(笑)

さて、この鉛筆の芯。
黒鉛(カーボン)が主な成分なんですね。
(詳しくは黒鉛65%、粘土35%、それと水・油)

ですから もし このシミを拡大して見たとすると・・・
カーボンの細かい粒子が生地の上に乗っかってる状態なんです。

下手にさわってしまうと、この粒子が繊維の奥へ奥へと入り込んでしまって
取れなくなってしまいます。

この場合、専用の薬品を使って カーボンの粒子を浮き上がらせてから
濯ぎだす というしみ抜き処理をします。

・・・そうです 墨のしみ抜きと全く同じ方法で除去できるんですね。


付着してそのまま 持って来てくださったので
比較的 楽に除去できました。


ハイ出来上がり。キレイになりましたよ♪
鉛筆のシミ A


しみ抜き料金のめやす
 クッションカバーに付着した鉛筆のしみ抜き(裏・表) 500円








←戻る