ホーム>しみぬき>塩素系漂白剤での黄ばみ(塩素ヤケ)の復元

塩素系漂白剤での黄ばみ(塩素ヤケ)の復元
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。


ご家庭で洗濯をするとき
キチンと漂白剤の種類を使い分けされていますか?

もしかしたら 
『漂白剤は何でも同じよ』
って思ってらっしゃる方もいらっしゃるかも知れません。


漂白剤も 使用方法を間違えると・・・
逆にシミを作ってしまう事があるんですよ。


今日のしみ抜きは 
そんな漂白剤(塩素系漂白剤)による黄ばみの除去です
塩素ヤケの復元 @

泥汚れが付いたので 漂白剤を塗って洗濯されたそうです。


写真ではわかりづらいのですが 全体的に黄色くシミになっています。
これはかなり高濃度の塩素系漂白剤をつけてしまったために
出来たしみ(塩素ヤケ)だと推測されます。

塩素ヤケかどうか テストしてみましょう。



最初に 小さな筆で還元漂白剤を塗布してみました。
漂白剤にも種類があって 
大まかに分けると
・酸化漂白剤(酸素系・塩素系
・還元漂白剤
の2種類があるんです。
酸化・還元。この二つの漂白には ほぼ正反対の性格があるんですね。

     塩素系漂白 ⇔ 還元漂白 

ですから、塩素系漂白の正反対の還元漂白を試したんです。
天敵をぶつけて 打ち消してやろう! って魂胆です。

そうすると・・・・ 
最初 黄ばんでたのが 赤っぽく変わって 最後に無色になりましたよね?

テストの結果 予想どおり 塩素系漂白剤での塩素ヤケ でした。

原因が分かれば あとは知れたもの。
全体を処置しました。


ハイ! 出来上がり。キレイになりましたよ♪
塩素ヤケの復元 A

漂白剤の種類には注意しましょうね。
(色柄モノにもけっこう使える 酸素系漂白剤がオススメですよ)


しみぬき料金のめやす
  塩素系漂白剤による黄ばみ(塩素ヤケ)の復元   500円



ここでコマーシャル

  化学の力でしみ抜きに挑む 石田クリーニング



←戻る