ホーム>しみぬき>スカートに革の色移り

スカートに革の色移り
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。


しみ抜きを追求していくと・・・
必ず必要になってくるのが『染色補正』という技術です。

この『染色補正』というのは、
シミを一旦 地色ごと落として、
その後 落ちてしまった地色を修復するという 究極の技術なんですよ。

自動車の塗装でいうと 部分塗装のようなものです。
この時、色合わせが上手くできないと・・・
キレイに修正する事が出来ません。

また、素材や色合い、商品の使用頻度(使い古し感)など
様々な要素を考慮しないといけないので 
下手をすれば、弁償問題になっちゃうんですね。

ですから、技術に自信の無いお店では 
『このシミは落ちません。』 と お断りする事になるんです。

かく言う私も 
なるべくなら この究極の手段は使いたくないと考える一人です。

でも、どうしてもこの方法を使わないといけない場合もあるんですね。


今日のしみ抜きは そんな染色補正が必要なしみぬきです。

スカートに革の色移りをしちゃったそうです。
染色補正 1
問題の部分は薄い青色。
シミは茶色。

色の強弱(色落ちのしにくさ)でいうと・・・
  青色 < 茶色

色移りの茶色よりも 地色の青色の方が(弱い)色落ちしやすいんです。

ということは・・・

しみ抜きをすると、
しみよりも先に 地色の方がはげちゃうって事なんですよ〜。

困ってしまいますよねぇ?


ハイ出来上がり キレイになりましたよ。
付着して早ければ早いほど しみは落としやすいんですよ。
でも、時間が経ってしまうと・・・
落ちにくくなっていきます。

早め 早めのクリーーニングが一番です。
染色補正 2

しみぬき料金のめやす

染色補正が必要なしみ抜き 数箇所   2000円


←戻る