ホーム>しみぬき>赤ワインのしみぬき

家庭洗濯での縮みの修正
こんにちわ、石田クリーニングの清本です。


『しまったぁ〜! お父さんに叱られるぅ〜!』

うっかり洗濯機に入れちゃって、
失敗したご経験はありませんか?


縮んだり、型崩れしたり、色なきしちゃったり・・・


『どうしよう?』


そんな時は クリーニング店にご相談くださいね。
もしかしたら 何とかできるかもしれませんよ。




今日 ご紹介するのは、そんな家庭洗濯で縮んじゃった
ウールのスラックスの修復です。
で

恥ずかしい話なのですが・・・
私は自分の中では アイロン仕上げがちょっと苦手なんです。
(正確には しみ抜きに比べると 苦手なんです)

私は入社してから、営業→店舗開発→しみ抜き→工場管理・・・
といった流れで仕事をしてきました。



幸か不幸か 松山工場には アイロン一筋ウン十年といったスタッフが
何人もいてくれます。

ですから これまで
私がアイロンを持って ドンドン仕上げをしなくちゃいけないってことが 
あまり無かったんです。


もちろん 私もクリーニングの資格を持っていますので、
人並みには仕上げられますが、
熟練の技を持った ベテラン職人スタッフ達の腕には 遠く及びません。
なんせ 経験数が全く違うのですから・・・。



このケース。
『しみ抜きはスペシャルプロ級。アイロンは普通のプロ級。』
そんな私でも、十分修復できますので
ほとんどのクリーニング店で 修復が可能ですよ。 

裏側の縫い目の所が引っ付いちゃっています。
若干縮みもあるみたいです。

あと、全体にたくさんシワが見られますが 
実は これは脱水時に付いた 絞りジワなんです。

脱水を弱め(しずくが落ちない程度)にすると
こういうシワは防ぐ事が出来ますよ。

家庭洗濯での縮み修正

伸ばしながら整形していきます。
家庭洗濯での縮み修正

ハイ 出来上がり。
家庭

お急ぎでも大丈夫です。
家庭洗濯での縮み修正


家庭洗濯で失敗しちゃっても 
クリーニング店なら何と出来るかも知れません。

あきらめずに お近くのお店にご相談されるといいとおもいますよ。



←戻る