ホーム>しみぬき>特殊素材に付着したマニキュアのしみぬき

特殊素材に付着したマニキュアのしみ抜き
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。


先日、末広店の改装工事をしてた時・・・
若い女性のお客さんが来店されました。

私は店の裏手で改装作業をしてたのですが、
その裏手の方にまで こんな話し声が聞こえてきたんです。

『他店で断られたのですが、あきらめきれずに持ってきました。』
『この商品は洗濯できない素材のようですね・・・。
 残念ですが・・・。』


お客さんとウチのスタッフとのやり取りです。
会話から推測すると・・・
どうやら、スタッフはやんわりとお断りをさせてもらうつもりのようです。

気になったので、私は作業服のホコリをはらいながら店に出て行きました。
(とても お店に立てるような格好じゃなかったのですが・・・)

商品を拝見すると、
綿のコートにマニキュアが付着していました。
マニキュアのしみ抜き

これだけなら簡単なのですが、
問題はこのコートの表面には 特殊な加工が施されていたんですね。

それで、他店でもお断りをさせてもらったんだと思います。
特殊な加工(コーティング)のために 洗濯表示はこんな感じです。
これは、”クリーニングが出来ません”という表示です。

マニキュア

こういう商品を無理して洗濯して問題が発生した場合、
全てお店の責任になってしまうんですね。
ですから他店でも、そしてウチのスタッフもお断りさせてもらおうと
考えたんですね。
『君子危うきに近寄らず』です。

出来ない事は 出来ないとハッキリと言う。
それはそれで 正論なのですが・・・


お客様が
『ネットを見て・・石田さんなら もしかしてと思って・・・』
って言ってくださるのを聞いてしまうと・・・弱いんですよねぇ〜。

『分かりました。では、部分しみ抜きで対処させてもらいますね
 ただ、リスクもあります。』
『マニキュアを溶解する薬品は、同時に生地に施されているコーティング
 も溶解して色落ちが起こると思います。その場合、色修正で再び部分的
 に染色をすることになるのですが、完全には直らないかも知れません。
 ただ、現在の状態よりはかなり良くなるとは思いますよ。』

というような説明をさせてもらった後、
お預かりさせてもらうことになりました。

マニキュア

さて、ココからが腕の見せ所です・・・

コーティングが施されていて、洗濯が不可能な素材のコートに
これまた厄介なマニキュアのシミが付いちゃったそうです・・・。


それを、リスク覚悟で部分しみぬきを試みる事になったんです。



まずは、テストをしてみましょう。
マニキュア

う〜ん。やっぱりコーティングがはがれてしまいますねぇ〜。
面棒に黒くはがれたコーティングが付着しているでしょう?

当初の計画通り しみ抜き→色修正といった作業が必要です。

マニキュアを除去すると・・・こんな感じになりました。
ここから、部分的に染色作業をしていきます。
マニキュア

だいぶいい感じになったでしょう?
マニキュア


染色作業完了です。
マニキュア


ハイ!出来上がり。 
どうですか? ほとんど分からないくらいに出来上がりましたよ。
マニキュア




しみぬき料金のめやす
 特殊素材に付着したマニキュアのしみ抜き+色修正    2000円




←戻る