ホーム>しみぬき>スレて白けた綿コートの修正

スレて白けた綿コートの修正
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。



最近、不況の影響でしょうか?
ご自分でしみぬきをされる方が 増えているようですねぇ〜。

シミが付いたら 出来るだけ早く処置することが
一番なのですが、

うっかり間違った処置をしてしまうと・・・

事態が悪化しちゃうことも あるんですよ。




今日のしみぬきは そんな事例の紹介です。


綿のコート。
胸の所に なにかシミが付いちゃったので 
ご自分で処置をされたそうです。


すると・・・

こんな感じで 白けちゃったそうです。


あわてて、
濡れタオルか何かで こすっちゃったのでしょうか?

こする事によって 繊維が毛羽立って
その毛羽立った細い毛の染色が 落ちてしまっている状態です。



濡れタオルを使った 処置にもいろいろありますが、


押える < たたく < こする < つまんで揉む


の順で 生地の負担が大きくなります。

また、生地はぬらすことによって 
摩擦係数が高くなり より傷つきやすくなるんですよ。 

子供の頃 経験ありませんか?
ぬれたすべり台は 全然すべらないですよね?


そして、
素材・色 によっては 濡らして たたくだけでも色落ちしちゃいます。



白けているのが 上から見ると よく分かりますね?


こういう場合は、色修正という処置が必要です。
こすれて白くなってしまった部分に 
地色と同じ染料を調合して 再び染色していくんです。






べったりと染色してしまうと、
角度を変えてみた時に 違和感が残ります。

ベース生地部分。
そして毛羽立った細い毛の部分で 
染色方法をビミョ〜に変えながら 修正をしていきます。

ちょっとしたテクニックが必要なんですよ〜。。





ハイ、出来上がり。
キレイになりましたよ♪


シミが付いたら なるべく早めに クリーニング。
これが一番です。

もし、濡れタオルでご自分で処置される時は

押える ぐらいの処置が無難ですよ。

こするのはリスクが高すぎますよ〜


←戻る