ホーム>しみぬき>現像液のしみぬき

現像液のしみぬき
こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。


今日ご紹介するしみぬきも かな〜りレアなケースです。
シミの原因は現像液。


高校時代、
クラブ活動という授業コマがあって、
私は ”化学クラブ”に所属してたんですね。

身の回りのモノを使っていろんな実験をするクラブでした。

その実験の1つで ピンホールカメラ の製作もしたんですよ。


ボール紙のお菓子の箱に目張りをして・・・
前面に小さな穴を開けて・・・

内部に印画紙をセットして出来上がり。


超! 簡単な作りだったんですよ(笑)


撮影したいモノの近くに行って・・・
穴を塞いでいたフタを外して・・・数秒間撮影。

現像室で、印画紙を取り出して現像・定着。
もちろん白黒写真です。


みなさん知ってました? 上下が逆に写るんですよ〜。
不思議ですよねぇ〜

酢酸のニオイが懐かしいです。


さて、前置きが長くなったのですが
問題の商品はこちらです。

学生さんの 白のベストです。
もしかしたら、私と同じ化学クラブたったりして・・(笑)



恥ずかしながら、
私、今日まで現像液がシミになるって 知らなかったんです。
ですから このシミとは当然、初対戦です。

順番に 技の引き出しを開けて いろいろ攻めてみました・・・

・・・・

・・・・

ありゃ? 意外と 手ごわいぞ〜。

・・・

・・・


引き出しを開けること 5つ。
ようやく攻略の手がかりをつかみました。


どうですか?
技が効いてるでしょう?



攻略方法が判明すれば こっちのもんです♪

ハイ! 出来上がり。
キレイになりましたよ♪



レアーなしみも・・・

多彩なしみぬきの技を持つ まさに技のデパート!

 ”しみぬき侍”

のいる当店へ ご相談くださいね。




しみぬき料金のめやす

現像液のしみぬき   1000円




←戻る