ホーム>しみぬき>着物の脱色の修正

着物の脱色の修正
こんにちわ、石田クリーニングの清本です。


最近、特殊しみ抜きや、色修正、リフォームなどの
ご依頼が増えてきました。


『もったいない!』

すこし手間をかけてキレイになるんなら 
キレイにして また使おう。

という方が増えてきたんでしょうね。

気に入ったものを なが〜く大切に使う。
これが一番の倹約かもしれませんね。


さて、今日のご依頼は そんな色修正のご依頼です。

留袖のエリ、そして肩の部分が 茶色っぽく脱色していますね。
ミルクのシミが時間が経って こうなっちゃったそうです。

よく見ると まるで漂白剤で脱色したかのように色が落ちて
しかも肩の部分は 生地もかなり弱ってて凸凹が出来ていました。
(しみが古くなって酸化する影響で 糸が細く弱く痩せちゃうんです)



脱色した部分に 再染色を施しました。
ぱっと見には ほとんど分からないくらいには仕上がったんですが・・・

残念ながら、生地の凸凹はどうにもなりませんでした。

生地に凸凹があると・・・
全く同じ色を調合して、染色をしたとしても
見る角度を変えると 光の加減で違和感が出ちゃうんですね。


シミが付いたら お早目のお手入れをオススメします。


←戻る