ホーム>しみぬき>ジャケットのしみぬきと色修正

ジャケットのしみ抜きと色修正

こんにちわ、石田クリーニング松山工場 しみぬき鉄人の清本です。




着ようと思ってタンスから出してみると・・・

黄ばんでいた・・・。


収納黄ばみといわれるものです。



原因はいろいろあるのですが、


1番多いのは、
生地に残ったよごれ(しみ)のせいなんですね。

特に、汗や飲み物など無色透明なシミが厄介なんですよ。

こういうシミは・・・目で見ただけでは
付着しているのが分からない場合がほとんどですから


大丈夫。って考えてそのまま仕舞ってしまう。



そして 時間が経つと・・・  収納黄ばみの出来上がりです。



今日のしみぬきは そんな浮き出てきたシミの除去です。

うすい水色のジャケットです。

前部分に茶色くシミが浮き出てきたそうです。

よく見ると、
シミだけでなく地色が壊れて白くなっている部分もあります。

この商品はとってもデリケートで
色落ちしやすい素材なんですね。





テストで、茶色いシミを除去してみると・・・
簡単に上の写真のように白くなってしまします。


シミを除去してから、色修正の処置が必要でした。



範囲が広いので、大変だったんですよ〜。

ハイ! 出来あがり。 
ほとんど分からないくらいには出来ましたよ。






こんかい、シミが浮き出てきた場所・範囲から、汗ではなく

なにか液体のシミが付着していたんだと推測されます。


このシミを予防するにはウエットクリーニングが効果的なのですが

通常、このような素材の場合、

依頼されない限り ウエットクリーニングはしないんですね。


多少のリスクを伴いますので、勝手には出来ないんです。




『飲み物が付いた』とか 受付の時に言っていただければ

ウエットクリーニングをオススメできるのですが・・・。


クリーニングを出される時は、商品の状態について
なるべく詳しく教えてくださいね。


←戻る