ホーム>しみぬき>ラメ入りニットの黄ばみ除去

ラメ入りニットの黄ばみ除去

こんにちわ、石田クリーニングの清本です。



比較的、メンテナンスをしやすい素材。

逆にそうでない素材があります。



比較的メンテナンスをしやすい素材としては・・・

ポリエステル・綿・アクリルなど・・があります。


これらの素材の商品は、

家庭でもたくさんお洗濯をされていますよね。



今日ご紹介するのは、

逆に家庭ではちょっとお手入れが大変だと思う素材です。



パープルのレーヨン100%のニットです。

ラメがちりばめられております。


レーヨンはよっぽどの事がない限り・・・

私達プロでも水洗いはしません。


理由は型崩れしやすいからなんですよ。

ですから、
この素材を家庭で上手に洗濯できる方は、

洗濯道の免許皆伝! と言ってもいいでしょう。(笑)



さて、このレーヨンのニットに 

汗の黄ばんだシミがあります。


汗は付着してすぐなら・・・

お水だけでもきれいに落すことが出来ます。



でも・・・これがレーヨン素材の場合

通常、お水で処置をすることはありません。


当店でも、よっぽど目に見えるシミがたくさんついているとか、

ニオイがするとか、そういうことがない限りドライクリーニングを

するんですね。

ドライクリーニングは

汗汚れなどの水溶性の汚れを落すのが苦手ですから・・・

どうしても 少しずつ汗汚れは蓄積していくんです。


そして、この蓄積していった汗がだんだん変質して・・・

黄ばんでくるんですね。



このように 一旦黄ばんでしまうと、

部分的に漂白処置が必要になります。


そして、漂白処置の最後には、中和という処置をするのですが・・・

実は、この中和に使う酸性の薬品と ラメの相性がすごく悪いんです。


うっかり使用すると・・・

ラメ部分が真っ白になってしまうんですよ。








でも大丈夫ですよ。

今回は、ラメにもやさしい新しい方法で除去しました。


ハイ!出来上がり。 キレイになったでしょう?



レーヨン素材でラメが入ってて・・・しかも色が紫。

こういう衣類を着用する時は・・・

@ なるべく汗が付かないように工夫する
  (パットなどを入れるとか・・)



A お手入れは、信頼の置けるクリーニング店でこまめにする。
  
  そして”汗抜き”コースを指定する


デリケートな素材は その分メンテナンスもデリケートです。

大切な衣類。

永く着るために こまめなメンテナンスをオススメします。


←戻る