ホーム>しみぬき>ゼニアのリバーシブルブルゾンのしみぬき

ゼニアのリバーシブルブルゾンのしみ抜き

今日のしみぬきは

ブランドのブルゾンのしみぬきです。


ゼニアのリバーシブルブルゾンのしみ抜きです。

他店にクリーニングに出したそうですが、
これ以上はムリです と言われたそうです。


エリの部分に茶色く変色シミがあります。
汗・皮脂などの残留による変色です。


原因はあとで説明しますが、
赤い色移りも あちこちにみられます。



素材的にはウエットクリーニングも可能なのですが・・・

1点だけ問題が・・・。


エリの端に・・・ワンポイントで本皮がついてるんです。

しかもまっ赤なのが・・・。

これが色移りの原因です。

洗濯表示は、こんな感じです。


通常のクリーニングは出来ません。

という表示です。

察するに、この本皮ライナーの為に
このような表示になったのでしょう。


水でぬらしたティッシュで軽くなでると・・・

カンタンに色移りしちゃいます。


汗による黄変を取り除くためには、

どうしてもお水での処置が必要なんですね。


でも、水だけでこれだけ色が出るんだったら・・・

水洗い処理で、さらにシミを落す洗剤を使うとなると・・・ 

かなり危険なニオイがします(汗)


高級ブランドの商品だし・・・。



う〜ん。アンタッチャブルですねぇ〜。




こういう理由で、

先述のクリーニング店では、お断りされたのでしょう。

危険な橋は渡らない。

それが正解ですよ。




しかし、

今回はあえて その危険な橋を渡ってみましょう。


さて、どう攻略しましょうか?




こんな時が、しみぬき侍の出番です。

侍の組み立てた処方は、こんな感じです。



@ 本皮のライナー部分に 色止め加工を施す

A 部分的な処置で、黄ばみのしみを除去する

B 全体をウエットクリーニングする





しみぬき侍は、

色止め加工の”油性タイプ”と”水性タイプ”の2種類を
使い分けしてるんですね。


今回は、最後にウエットクリーニングでお水で処置をするので
水に溶け出さないように、油性の色止めコーティングを施しました。


その後、部分漂白処置で黄ばみを取り除いて・・・・


計画通り、ウエットクリーニングでサッパリ水洗い。


あとは自然乾燥をして、出来上がり!・・・・


・・・のハズが・・・!


やっぱり、わずかに色が出ちゃいましたねぇ〜(汗)



でも大丈夫ですよ。

これも しみぬき侍にとっては ”想定内” です。



最後に秘伝の奥義を使って・・・

今度こそ ハイ! 出来上がり♪


バッチリキレイになったでしょう。 さすがしみぬき侍です(笑)


他店で『落ちない!』って言われちゃったシミ。

あきらめないで しみぬき侍にお願いしてみては?


←戻る