ホーム>しみぬき>ポリウレタンについたインクのしみぬき

ポリウレタンについたインクのしみ抜き
こんにちわ、石田クリーニングの清本です。


ポリウレタンコーティングの衣類。

根強い人気ですよね。

お手軽に”革”にような装いを楽しめるし、
水をはじくのでシミになりにくいんですよね。


ちょっとした食べこぼしぐらいだったら、
おしぼりで拭くだけでもキレイになります。

いい素材だとは思うのですが・・・・


ちょっと気をつけておいて欲しいことがあるんです。


まず、製品の寿命が短いこと。
製造から2〜3年だといわれています。


そして、
ボールペン・マジックなどのインク系のシミには注意すること。


というのは、
実はポリウレタンは、インクを除去する薬品で溶けちゃうんです。


ですから、シミがついたら 即アウト! なんですよ。


今日のしみぬきは、
そんなポリウレタン製品に ボールペンのシミがついちゃったケースです。


インク除去の薬品で生地が溶けてしまわないように、

かな〜り薄めて・・・

そろ〜り そろ〜り としみ抜きをしていきます。


何回も何回も。




だいぶ薄くなりました。
これ以上の処置は、生地に負担がかかるので ここで終了とします。



幸い今回は、なんとか目立たないくらいまでには出来ましたが

普通は落ちません。

シミの上から 同じ色で染色をして隠すという方法もあるのですが
エリなどの着用でこすれる部分には あまりオススメはできません。


きをつけませう。


←戻る