ホーム>しみぬき>赤ワインのしみぬき

留袖の脱色の修正

こんにちわ、石田クリーニングの清本です。


今日は、新人研修でした。

受講されたみなさん、長時間お疲れ様でした。

先輩達に追いつけ追い越せ!でがんばりましょうね。



さて、今日のしみぬきです。

私は研修でしたので、西田工場長が担当してくれました。


留袖を出してみたら・・・
ずかっつと色が抜けていたそうです。


背中部分と、たたんだ時に重なる袖部分が
三日月型に全く同じ形で脱色していました。

原因ははっきりとは分からないのですが、
漂白作用のある何か?が付着していたんじゃないでしょうか?



残念ながら・・・

脱色がひどかったので、完璧には修復できませんでした。



塩素系漂白剤などで キワがはっきりと脱色したものは・・・
たとえ修正をしたとしても、
(色の段差)違和感が残る場合があるんですね。

漂白剤の取り扱いには注意しましょうね。



←戻る