ホーム>汗によるの脱色の修正



衣類に汗が付着したまま ほうって置くと 
 汗って本当に意地悪をするんですよ!

ある時は 黄色くシミになったり
ある時は 衣類の脱色の原因になったり

汗って、衣類にとっては ホントに百害あって一利なしです!



今日の商品はそんな 汗による脱色の修正です

素人の方が見ると なかなか見分けが付きにくいのですが
しみと脱色では全く処置の方法が違います

しみだったらしみ抜き処置をしますが、
脱色の場合はしみ抜きではなく 色修正が必要になります

この色修正には 特別な技術が必要なんですよ

真っ白に脱色している場合だったら 
地色と同じ色で修正すればいいのですが

今回のように 色が残っている場合は 抜けてしまった分の色を足す
という感じで修正をします
色の足し算・引き算ですね

また、クリーニングに出てくる衣類は 当然新品ではありませんので
年数や着用回数によって 程度の差はありますが 色が若干くすんでいます
この、くすみ(年代感)も考えて色修正をする必要があります

このあたりの事が難しいので まだまだ色修正ができる
クリーニング屋さんが少ないのだと思います

私は この作業をする時 気持ちは
        国宝級の美術品を修復する修復師! 
になったつもりで 楽しみながら 取り組むことにしています

最初は コートの襟が汗で 色抜けしたものです

足りない色を足して修正しました


次はウールのセーターの両脇が 汗で脱色してしまったものです


脇 部分の拡大です


これも 色が残っていますので足りない分の色を足しました



このように 色修正が必要な品物は 重症と言えます
汗抜きウエットクリーニングで予防していただくか
もっと軽症のうちに 信頼の置けるクリーニング店でのケアを
おすすめします!

←戻る