ホーム>しみぬき>ズボンのポケット口の汚れのしみぬき




ポケットに手を出し入れすると どうしても汚れてきます。
特に、ポケットに手を入れるクセのある方は汚れやすいようです。

ワインがかかったとか、しょうゆが付いたとかシンプルな汚れは
比較的処理が簡単なのですが、
今回のように こすって付いてしまった汚れ、しかも長い間時間をかけて
蓄積された汚れは、染み抜きが大変です。

同様の理由から、ズボンのすそや、ジャケットの袖口にこすって付いた
ような汚れは手ごわいのです。

綿のズボンのポケット口に 黒くこすったような汚れが付いています。
ズボンのポケットぐちの汚れ @


ぬらすと汚れが分かりやすいですね。
ズボンのポケットぐちの汚れ A

何度も何度も手を出し入れすることによって、汚れが繊維の奥まで
しみこんでしまっています。

先日紹介した、泥汚れを落とす方法を応用して、
汚れを繊維から浮き上がらせてから 染み抜きをします。

左側が処理した部分です。かなりキレイになりますよ。
ズボンのポケットぐちの汚れ B


ハイ、キレイに落とせましたよ。
この後、反対側も処理して、ウエットクリーニング(やさしい水洗い)
をしました。
ズボンのポケットぐちの汚れ C

このように、汚れた原因は違っても 汚れのしみこみ方によって
同じような染み抜き方法で対応できることが けっこうあります。

こんな時は染み抜きの 引き出しの数が多い方が有利ですよね。

経験がものをいうんです。

石田クリーニングでは、毎日たくさんの商品の洗濯・染み抜きをします。
染み抜き点数、ケーススタディでは 圧倒的な数を対処しているんですよ。



石田クリーニングでは 会員様は基本的に しみぬき無料です

今回のズボンのクリーニング料金350円(会員価格)
会員様ですのでしみぬき料金は 0円 です

会員さんって本当に とってもお得なんですよ!

会員の詳しい特典はこちら

石田クリーニングは 松山地域のお客様に
全国トップレベルの染み抜きを しかも安心価格で提供します!


←戻る